カビと黄ばみは予防できます

3月に入りましたね。

暖かい日と寒い日が交差する季節になりました。

今日は4月並みの陽気で暖かいですね。

暖かいのはいいけれど、スギ花粉がいっぱい飛んで

鼻がムズムズする方も多いのではないでしょうか。

街中ではマスク姿の通行人を数多く目にします。

 

マスクは花粉を防いでくれますが

顔が暑くなるし多少視界が狭まるのが難点ですね。

ですが、今流行しているインフルエンザやノロウィルスの

予防もしてくれます。

医学では予防に勝る最新医学無しと言うそうですから

病気の予防プラス花粉のブロックをマスクでしていると

思えば一石二鳥なんでしょうか。

 

予防と言えば

衣類のカビや黄ばみを水洗いで予防できることは

ご存知でしょうか?

 

衣替えの最中に脇の下が黄ばんだり

クローゼットに長期保管中にカビが生えるのは

仕方がないことだと思っていらっしゃる方も多いのですが

衣類に残る汗や糖分、尿を取り除いてしまえば

黄バミやカビを防ぐことができます!

 

黄バミは衣類に残った汚れが酸化することで発生します。

脇の下が黄ばむ場合は汗が原因のことが多いです。

カビが生えてしまう原因も、衣類に残った汗や尿

糖分などの汚れに菌が繁殖してカビが生えます。

 

近年は住宅事情が改善されて

冬は暖かく夏は涼しいので、菌にとっても

とても過ごしやすく繁殖に適した環境となります。

人間に優しい気温は菌にも優しいようで…。

嬉しいような、困ったような…ですね。

 

というわけで

黄バミとカビを防ぐ為には汚れを落としておく

必要があるのですがドライクリーニングは

汗や尿、糖分などの水溶性の汚れが落ちません。

 

そのためドライクリーニングした衣類を

衣替えなどで長期保管しておくと

衣類に残った水溶性の汚れが酸化して黄ばんだり

菌の繁殖によりカビたりしてしまいます。

 

特に汗の汚れは透明なので

一見汚れているように見えません。

 

衣替えの前にクリーニングに出してから

保管しておいたのに、いつの間にかカビが生えていた!

という経験をお持ちの方もいらっしゃると思いますが

キレイなはずの衣類がカビてしまうのは

こういったことが原因です。

 

衣替えのたびに

黄ばんでしまわないか?

カビが生えないだろうか?

と心配していらっしゃる方も多いと思いますが

安心して下さい。

水洗いがこれらの不安を取り除いてくれます。

 

水洗いは水溶性の汗や尿、糖分の汚れを

洗い流してくれますので

衣替え中の黄バミ、カビの原因を解決できます。

 

病気もある程度マスクで予防できるように

お洋服も水洗いで黄バミ、カビを予防できます。

 

サニークリーニングでは衣類の保護の観点から

衣替えのしまい洗いには水洗いをお薦めしています。

 

衣替えにはぜひ一度

サニークリーニングの水洗いをお試しください。

 

水洗いクリーニングへの

ご依頼・ご質問は

遠慮なく以下のフリーダイヤルへ!

0120-524-861

 

ホームページでも詳しくご覧になれます。

サニークリーニングホームページ

 

 

北久里浜店 菊地